食用ほおずき・観賞用との違い

子供の頃、ふくらまして笛にして遊んだ記憶がある方もいらっしゃると思いますが、このような観賞用のほおずきは「食べられない」という観念が根強いので「食用」というイメージが薄いのが現状です。

 

食用ほおずきは、ヨーロッパが原産で特にフランス、イタリアでは盛んに栽培されており、日本では平成に入ってから栽培され始めました。果実はオレンジがかった黄色で、味は甘酸っぱく、フルーティーな香りがします。

 

現在はまだまだ観賞用のほずきのイメージが根強く、食べるほおずきはこれからの食材であると期待されております。

 

食用ほおずきの健康効果

ビタミンA・ビタミンC・鉄分・カロチンそして話題のイノシトール()が豊富に含まれており、コレステロールの低下、動脈硬化予防、美肌、がん予防、そして老化を遅らせる効果があります。

 

イノシトール 
細胞の成長促進に不可欠なビタミンB郡の一種であり、脂肪肝・肝硬変の予防・治療薬として、また総合ビタミンドリンクや乳児の必須ビタミン剤等に幅広く使用されています。

 

主な健康効果

  • コレステロールの低下
  • 美肌効果
  • 動脈硬化予防
  • がん予防
  • 老化を遅らせる

 

  • 脂肪肝予防
  • 肝硬変予防
  • 悪玉コレステロール値を下げる
  • 脳細胞に栄養を供給
  • 健康な毛髪の維持